酢屋 外観

ようこそ「酢屋」のホームページへおいでやす。 酢屋は享保6年(1721)年、この地にて創業した材木商でございます。
290年余りつづき、現在におきましても、
子孫にて同じ場所で商いをさせていただいております。
幕末には坂本龍馬をはじめ、多くの海援隊隊士をかくまい、
彼らは「海援隊京都本部」を置いておりました。

現在私どもでは、昔通り銘木全般を専門に取り扱う「千本銘木商会」、
主に木工芸品の制作・販売を行う、「創作木工芸 酢屋」、
そして龍馬が大政奉還を目指し、投宿していた二階に
龍馬と酢屋の歴史を紹介している、
「ギャラリー 龍馬」を開廊させていただいております。

美しい四季をもつ日本に育ち、幾百年の風雪に耐えぬいた
木の美しさ、やさしさ、あたたかさ。
木の心は「日本の心」だと存じます。

木ひとすじに生きてまいりました酢屋は、
これからも『木の仕事』を継承し
家の歴史を守りつづけてまいります──。

株式会社 千本銘木商会 ギャラリー龍馬 オンラインカタログ